midiソフトウェア – FL Studio

以前よりFruityLoopsとして知られていたMIDIソフトウェアは、プロフェッショナルなサウンドを誇るFL Studioに名前を変えましたが、ミュージシャン、ソングライター、プロデューサーの偉大な影響力を持つ強力で便利な音楽制作ソフトウェアパッケージとして評価されています。すべてのレベル。 FL Studioは、インターフェイスとプログラムのアーキテクチャを絶え間なく改良しており、オーディオ制作とMIDIシーケンシングのモード、方法、テクノロジと並行して、場合によってはさらに進んでいきます。グラフィカルに操作されたインターフェイス、カスタマイズ可能なワークフロー、ワークスペース、直感的なコントローラーリンク機能により、オーディオや作曲、シーケンサーの録音や編集を素早く簡単に行うことができます。アプリケーション、10年前にnary。コントローラーとMIDI関連のタスクを実行することは、広範なMIDI接続と、コントローラー・インターフェースと特定のプラグイン機能との間のリンクを記憶する機能などの自動化された機能により、初期録音プロセスの事実上プラグ・アンド・プレイです。作曲、シーケンシング、編集は、ループ、パート、またはプロジェクト全体をスクラップ、ビット、ルーズスレッドから完全に洗練されたプロフェッショナルミックスに引き継いで、合理化されています。

優れた機能

シーケンシングと合成は、プログラム・アーキテクチャーとインターフェース設計の両方の慈愛によって、しばしばそうではありません。つまり、FL Studioは、複雑で詳細な制作を行うために、DAW制作ソフトウェアを複雑にする必要がないという完璧な例です。

今日、MIDIコントローラーのキーボードは、しばしば楽譜作成プロセスのハブです。フロアスタジオでは、試しただけで真の “ピアノロール”とステップシーケンサーのインターフェイスを使って、ユーザーのニーズに合わせてワークフローをカスタマイズすることができます。そこからミュージシャン、ソングライター、プロデューサーは、FL Studioの「フリーパレットプレイリスト」を使用して、アイデアの整理、再編成、解体を自由に行えます。プレイリストウィンドウは、スコア(ノート)、オーディオ、オートメーションが同時に実行できる時間区切りの仮想キャンバスとして機能し、ユーザーはソング構造、必要に応じてオートメーションとシーケンスデータを変更できます。 2人のプロデューサーやソングライターは、まったく同じように動作するとは思えません。これを念頭に置いて、FL Studioはワークフローやワークスペースをカスタマイズ可能にするだけでなく、シーケンシングの方法論も作成します。プロデューサーは、ステップシーケンサーやピアノロールを作成、編集、録音、シーケンスすることができ、プレイリストを使って ‘パターン’または ‘トラック’ベースのシーケンスモードで作業することができます。 FL Studioには、高度なソフトウェアシンセサイザーとエフェクトの完全なキットが付属しているので、すぐにすぐに音を出すことができます(または購入場所によってネットからダウンロードできます)。優れたネイティブプラグインに加えて、FL StudioはVST(1,2,3)&DXインストゥルメントとエフェクトプラグインを使用できます。無制限の楽器を最大199のミキサートラックのいずれかにルーティングできます。各インサートトラックは、外部のサウンドカード/オーディオインターフェース入力からステレオ入力を受け取ることができ、オートマッピングが完了しているので、マルチトラック録音の16入力オーディオインターフェイスが簡単です。同様に、ミキサーは、マルチインプット/アウトプットプラグインのインストゥルメントとエフェクトと完璧に機能します。 FL Studioのミキサーはスピードについて話していますが、「柔軟性」とユーザーワークフロードリブンデザインのイメージラインテーマを続けています。どのミキサートラックも、「ポストフェーダー」のオーディオセンドまたはサイドチェインセンドとしてルーティングすることができます。つまり、非常に複雑なインターミキサートラックのルーティングチェーンを、サブミックスや単純な不器用なエフェクトチェーン用に作成することができます。エフェクトについて言えば、各ミキサートラックは1トラックにつき最大8つの独立したエフェクトプラグイン(ネイティブ、VSTまたはDX)を保持することができ、十分でない場合は、ワンクリックでトラック間を移動し、エフェクトを追加します。

MIDIコントローラーやデバイスを使ってセットアップ、マップ、同期、演奏を行うのは面倒で困難な作業ですが、録音プロセスは編集プロセスに比べてはるかに時間がかかります。 FL Studioには多数の編集ツールと機能があり、アーティスト、プロデューサーはオーディオ、スコア、またはオートメーションを録画して結果を編集するまでに時間がかかります。記録するパターンを選択し、データタイプ(スコア、オーディオ、オートメーション)を選択し、レコードを押して、離れています。 FLスタジオのピアノロールは、間違いなくスコアアップ操作を簡単にする市場のDAWの中で最高のものです。オーディオ録音も同様に柔軟性があり、プレイリストトラックや、緊密に統合されたオーディオエディタ/レコーダーであるEdisonに直接録音することができます。そのとおり;ウェーブエディタにもミキシングチェーン内の任意の場所から直接録音することができます。

FL Studioは、VST、VST2、VST3、DXエフェクトなどのさまざまなプラグインやエフェクトフォーマットだけでなく、さまざまな音楽関連のデータタイプ(MIDI、Rex 1&2など)をサポートしています。 FL Studioはさらに、WAV、MP3、Ogg Vorbis、FLACなどのさまざまな「ロスレス」および「損失の多い」オーディオファイル形式をインポートおよびエクスポートすることができます。すべてのタイプの貸与アーティストは柔軟性を強化しています。

プロデューサは、直感的でわかりやすい、ほとんど自由形式のプレイリストキャンバス内で、オーディオファイルやシーケンスの無制限数に応じて、アレンジ、並べ替え、編集、ピッチのシフト、テンポの調整を行うことができます。プレイリストクリップは、マウス、タッチスクリーン、キーボードまたはMIDIコントローラを使用してFL Studioに配置されます。

構成とシーケンス

FL Studioは、使いやすさと効果力の組み合わせを実現した最初の音楽制作プログラムの1つで、すべての経験レベルのユーザーが効率的に使用できるようにしました。この標準設定のユーザビリティについては、そのユーザインターフェイスが大きな評価を得ていますが、これは実際にこれを可能にしたプログラムアーキテクチャです。アイデアと制作方法の間にドットを結びつけるための柔軟なツールがなくても、ユーザーは決して残されません。 FL StudioのImage-Lineの哲学の中心は柔軟性です。通常、ユーザーが目標を達成するには複数の方法があります。これは、FL Studioがユーザーのワークフローの好みに合わせて曲がり、あらゆる作業をスピードアップすることを意味します。

FL Studioには、一般的にコミュニティの関与を促すオープンソースのソースはありませんが、ユーザーのリソースや技術支援のために、オーディオ制作やシークエンシングソフトウェアの担当者よりも優れています。その最も有用で包括的なリソースで、統合されたマニュアルはF1キーがキーボードで押されたときに正しいページで開きます。スクリーン上の該当する項目をクリックし、F1キーを押してください。登録ユーザーのための豊富なオンラインリソースは、同じくらい深くて幅広いです。 Image-Lineは、FL Studioのプロデューサーとユーザーがアドバイスを提供し、エフェクトを実行してエラーを解決するヒントとヒントを提供するユーザーフォーラムを開催します。高度に整理され、よく管理されたナレッジベースとFAQページは、簡単に参照できるようになっています。また、技術的な問題やツール/フィーチャーの機能の問題が、組み込みマニュアルまたは公式サイトで解決できない場合は、テクニカルサポートのフォーラムで追加の技術援助を受けることができます。 Image-Line独自のプログラム開発者やマニュアル作成者から直接サポートを受ける可能性があります。 Image-Lineは、開発スタッフがユーザーコミュニティと対話することが重要だと考えています。これにより、製品開発のループが閉じられます。

FL Studioは、MIDI録音、シーケンシングおよび編集ソフトウェアプログラム、フル機能のオーディオ録音および制作プログラムとしても同様に自宅にいます。グラフィカルに豊富で直感的なインターフェイスとプログラムアーキテクチャにより、プログラムは混乱するセットアップと実行プロセスを緩和し、ユーザーはMIDI機能の真鍮に触れることができます。

録音と編集

入出力

使いやすさ

ヘルプ/サポート

概要