mp3編集ソフトウェア – デジタルオーディオエディタ

デジタル・スマート・ソフトウェアによるデジタル・オーディオ・エディタは、音楽愛好家に必要な編集のための簡単なソリューションを約束し、その約束を実現する使いやすいオーディオ・エディタです。最も人気のある編集タスクやオーディオエフェクトの多くは利用可能であり、重要なのと同様に、アクセスが容易です。

特徴

適切な選択をする前に、MP3編集ソフトウェアのレビューをすべて読んでおいてください。

デジタルオーディオエディタは、オーディオファイルの編集という1つのタスクに重点を置いています。この焦点は、ユーザーが編集作業をすぐに開始できるようにする非常に簡単なインターフェイスになります。編集機能の完全なセットが利用可能で、簡単にアクセスできます。このプログラムは厳密にはエディタです。他のMP3編集プログラムで見つかったエキストラの一部はここにはありません。しかし、完全なオーディオ編集作業のためには、このプログラムは一見価値があります。

Digital Audio Editorで使用されるインターフェイスは比較的簡単です。かなりのボタンオプションがありますが、これらのいずれかの上にマウスを置くとその機能がはっきりとわかります。多くのオーディオ編集ツールと同様に、メイン画面はファイルのオーディオ波形のグラフィックによって支配されます。このビューは、オンデマンドでスペクトルビューに変更できます。切り取り、コピー、貼り付けのような主な機能の多くは、ここに図形的に適用されています。選択ツールを使用すると、オーディオファイルの一部を簡単に選択できます。

また、一意のファイルを記録して作成する機能も含まれています。録音は、マイクのような入力デバイス、CD、DVD、MP3プレーヤーなどから行うことができます。必要に応じて、ファイルの一部を新しいファイルに保存することもできます。独自の「サンプラー」を簡単に作成できます!

Digital Audio Editorは、増幅、ディレイ、フェード、フランジ、インバート、リバーブ、リバーブ、ストレッチ、ビブラートなど、最も一般的な編集エフェクトを提供します。シンプルなメニューコントロールにより、これらのエフェクトを簡単に適用できます。正規化ツールを使用すると、ファイルのボリュームを調整できます。様々なフィルターも利用できます。

エフェクト

このアプリケーションは、MP3やWAVなどの一般的なファイル形式をサポートしています。さらに、プログラムはあるフォーマットから別のフォーマットにファイルを変換する能力を持っています。

デジタルオーディオエディタには、検索と閲覧が可能なヘルプメニューが付いています。この同じメニューには、電子メールでサポートチームにサポートリクエストまたはバグレポートを送信するリンクがあります。

デジタルオーディオエディタは、編集機能に重い編集アプリケーションです。余分な機能はあまりありませんが、シンプルで効果的な編集ツールを探している人にとって、このプログラムは多くの機能を提供しています。それによって、アマチュアの編集者でさえプロのようなカスタムサウンドを作成できます。

ファイル形式

ヘルプ&サポート

概要